きっさごん*

キッチン用品オタクなり。

07 2017
見た目 ★★★★☆
機能性 ★★★★★
掃除のしやすさ ★★★☆
マニアな私の満足度 ★★★★☆


ご飯を炊くのに愛用しているお鍋、”かまどさん” 。
今まで色々なご飯土鍋を使ってみたが、これが一番自分にはあっているみたい。
もうおいしくて、炊飯ジャーにはもどれない。

2重蓋になっており、圧がかかるようになっている。
沸騰してからそのまま2分ほど炊いて、あとは火を消して放置できる。
これが本当に便利♪ 
我家のガス代は本当に安い!

水加減は少なめがお勧め。


欠点は重い所だが、これが長所でもあるので仕方がない。
慣れれば問題無し!

ご飯専用のアルミ鍋もおいしかったが、
こちらの方がやはり上だった。
見た目はとくに凝っている訳ではないので、★は少し減らしたが、

シンプルイズベスト!






05 2017

愛用中のお鍋達 part3

今回も、ラインアップが結構かわっている。
お嫁にいってしまったものも何個あり。

なぜか昔のラインアップにもどってきている。
なぜ売ってしまったのか、良く分からない~(-゛-;)~

なぜなぜばかりだー!

及源、ストウブ(ブレイザー)を購入するのは2度目。。 
とくに及源の上等シリーズで作ったチキンの味が忘れられなくて。

もう売らないぞー
本当にお金がもったいない。。




愛用中のお鍋達

・木屋 打ち出しフライパン(鉄) 26cm
・及源 上等フライパン 24cm
・柳宗理 南部鉄器 18cm
・マイヤー サーキュロン(硬質アルマイト/フッ素) 25cm

・星野昇 銅の卵焼き器

・Mauviel ソースパン Copper 13cm(銅鍋)
・STAUB ココットラウンド 20cm
・STAUB ブレイザー 24cm
・CHASSEUR コクエル

・Silit シラルガン ミルクポット
・リース 片手鍋 (琺瑯) 16cm
・プレッセンス 両手鍋(琺瑯)

・あじわい鍋 片手(アルミ) 20cm
・EVERWARE 浅型(アルミ) 20cm
・安いアルミの鍋 深型 22cm


・長谷園の土鍋(3合用)

・スロークッカー(電気鍋)

見た目 ★★★★★
機能性 ★★★★★
掃除のしやすさ ★★★★☆
マニアな私の満足度 ★★★★★


浅草の銅壺屋 ”銅銀(どうぎん)”店主、星野さん。
江戸時代より継承された煮色仕上げの銅製品を製作できる唯一の職人。 
東京都優秀技能賞もとられている方。


角が綺麗で重さもほどよくある、大変美しい銅の卵焼き器。
持ち手が多少ぐらつくのは仕様。
(簡単に木が交換できるようになっている)


最初の油ならしを丁寧にしたら、本当に失敗無しで作れた!
”すーっ” と、たまごがすべる。

出来上がりがまたすごかった。
ふんわりしていて、フッ素のものとはまったく違う。
(*卵は混ぜすぎるとかたくなるので注意)

とにかくできあがった卵の角が綺麗! ほれぼれしてしまう。


お手入れも簡単。
お湯でさ〜っと洗えば良いだけ。 綺麗ならキッチンペーパーで拭くのみ!

最近思うのは、フッ素は洗うのが逆に面倒だということ。
鉄や銅のほうが、油がついていても良いので楽♪ 

気をつける事は、予熱オーバーしないこと。
内側は錫なので、高温になりすぎると溶けるので注意。

一生使いたいと思える、卵焼き器だと思う。




見た目 ★★★★☆
機能性 ★★★★★
掃除のしやすさ ★★★★★
マニアな私の満足度 ★★★☆


シリットといえば、このミルクポット。
安いときは、6千円ぐらいで買えたっけ・・。

ガラス蓋のデザインは、何度もチェンジしている。
1つ前のものはあまり好きではなかった。 今の方がまだいいかな?

シラルガンは天然鉱石なので、
遠赤外線を出して水をおいしくする。(らしい)

10分ぐらい火にかけた後ぐらいから、
水が弱アルカリになっていくのが良くわかる。(グラフを見た事がある)

確かにシラルガンの力もあると思うが、
このミルクポットの形状が、更に食材をおいしくしていると思う。

ご飯を炊いてみた。
このミルクポットで炊いた物が一番おいしいと思った。
(ライス専用のものよりおいしかった)

お湯を沸かしてみたが、
片手鍋のシラルガンで沸かすより、このポットの方がなぜかまろやかな味。
みそ汁もおいしい♪

何度も売っては買っているが、やはり1つはあると便利。
蓄熱性もあるので、紅茶やハーブティーなどを作るのにもグーッド!

ブラックの艶は、一番高級感があると思う。
持ち手はまあまあのデザインかな?(★はここで減らしている)

ちなみに、ショップチャンネルさんで購入すると、
ホワイトや、ピンクの色も購入できる。
たまに安くなるので、待つとよし

結婚記念日に、またブラックをゲット!




↓この蓋は、1つ前のデザイン。





03 2017

愛用中のお鍋達 part2

久々に、愛用お鍋シリーズネタ。
(並べて自己満足

最初の記事で一度アップしてるが、
少しラインアップがかわった。

深い大きめの鍋が、まったくなくなってしまった。。



愛用中のお鍋たち

・木屋 打ち出しフライパン(鉄) 20,24,26cm
・柳宗理 南部鉄器 18cm
・マイヤー サーキュロン(硬質アルマイト) 25,20cm
北陸アルミ フライパン 深型 26cm
クリステル フライパン 24cm

柳宗理 マグマプレート(鉄のフライパン) 深型 22cm

・Mauviel ソースパン Copper 13cm(銅鍋)
・Mauviel ソースパン(ステンレス) 16cm
・Mauviel ステンレスロンド(浅型) 24cm
・STAUB ココットラウンド 20cm
ルクルーゼ 22cm

・リース 片手鍋 (琺瑯) 16cm
・プレッセンス 両手鍋(琺瑯)

・あじわい鍋 片手(アルミ) 20cm
・EVERWARE 浅型(アルミ) 20cm
・安いアルミの鍋 深型 22cm


・長谷園の土鍋(3合用)

・スロークッカー(電気鍋)





★昔使っていた、お鍋のラインアップ。
殆ど現在、手元にない。。 木蓋くらいかな(^▽^;)

nabes.jpg




onabes.jpg
見た目 ★★★★★
機能性 ★★★★★
掃除のしやすさ ★★★★☆
マニアな私の満足度 ★★★★★


人気の、山田工業所製で作られた ”木屋” のフライパン。
厚さは1.6mm。 自分的には、一番使いやすいサイズ。
楽天だとスコープさんで販売している。
(が、速攻売りきれる。。)

柄と本体は一体構造でケアしやすい。

知る人ぞしる、人気の鉄フライパン、”あじねフライパン” を買った事があるが
溶接部分にすごくサビがでたので、
ここにも油は丁寧に塗った方がよいと思う。

持ち手がとても掴みやすい。
金子さんのフライパンも持ちやすいが、こちらもなかなか!

金子さんの持ち手は、くるっとまるめてある感じ。
こちらの持ち手は、裏も溶接してある。

26cmの持ち手部分は結構長い。
最初は長過ぎるな〜と思ったが、熱くなり難い計算された長さだった。

26cmでも、1kgちょっとなのでそんなに重くは感じないかも。
我家のガスオーブンにピッタリ入った。 (かなりぎりぎりだけど)

肉を炒めたり野菜を炒めたりしてみたが、まったくくっつかず。
20cmサイズは卵料理に使いやすい。 

色々鉄のフライパンを試したが、一番自分にあいそう♪

目玉焼き二つに、ベーコン2枚ぐらいなら24cmサイズがお勧め。



残念ながら、IHにはお勧めできない。
IHならコのタイプ↓



これもなかなか!
持ち手がチタンハンドルなので、熱くなりにくい。
厚さは2.3mmなので、少し重くなる。



★木屋のオリジナル ”シュロたわし” がとてもよい!
日本のシュロ物だと三千円ぐらいする(^▽^;) 流石にこれは私は買えない。。

オリジナルのもは中国のシュロを使っていて、千円ぐらいで購入可能。
堅すぎず、柔らかすぎず。
これを使ったら、300円ぐらいの安い物にもどれなくなってしまった。。

これでもかなり使いやすいのに、
日本のシュロ物だとどれぐらいすばらしいのか試してみたい気もする。

ヤフーショップの木屋さんで購入可能。
フライパンはスコープさんで購入すると、5分くらいで売切れてしまうが、
ヤフーの木屋ショップなら意外とかえたりする。
人気の26cmも、予約できるぞー!


見た目 ★★★★★
機能性 ★★★★☆
掃除のしやすさ ★★★★☆
マニアな私の満足度 ★★★★


Metal NEKO、金子さんの手作り打ち出しフライパン。
見た目がとっても素敵!

タークの雰囲気ににているかも。
曲がっている所も、また味である。

このフライパンは、オイルで焼き仕上げをしてある。
そのため、使い始めからくっつき難いというのが特徴。

逆に言えば、
自分で最初から育ててみたい方には向いていないかもしれない。
オイル仕上げで黒くなった部分も、使っているうちに剥げてくるらしいので。


深型を使ってみた。
持ち手が丸くなっているので、最高に掴みやすい。
握っていると、鉄なのになぜか温かみを感じる。
目玉焼きが ”するっ” ととれて、びっくりした

マイナスポイントといえば、
こびりついた際、おもいっきりたわしなどでこすってしまうと、
銀色の肌部分がでてしまうから注意。
なので、掃除の★は少し減らした。

私は及源のNakedPanのように、
がしがし擦っても問題ないフライパンの方が好き。


総合的には、とても素敵なフライパンだと思う。 見た目は最高!
両手タイプもある。