きっさごん*

キッチン用品オタクが、趣味の写真とともに綴るブログ

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見た目 ★★★★★
機能性 ★★★☆
掃除のしやすさ ★★★★
マニアな私の満足度 ★★★


フライングソーサーさん(ショップ)の、オリジナルステンレス鍋。
すべてのサイズを使ってみた。
(十得鍋のような内側)

形はとても良いと思う。 さすが日本製!

内側は鏡面仕上げで、汚れ落ちもよかった。
蓋と本体とのかみ合わせもとても良い。
見た目は私の好みで、ちょっとプロっぽい、がっちりとした感じ。

ミルクパンも(他の鍋も)液だれがしにくい作りになっている。
このミルクパンは、みそ汁用としても使っていた。

ただ、残念な事が1つあった。
ミルクパンの内側にある金具の部分から、サビがでたのである。

このお鍋のように、内側に金具があるものはいくつも使ってきた。
(現に使用しているモヴィエルもそう)
でも、錆びた事は一度もなかったのでびっくり。

ちょっと残念だった。

ステンレスの質は、18−8ステンレス。

錆びているといえば、
こちらのショップさんで購入したストウブの縁も錆びていたっけ
ストウブで縁が錆びてるのを見たのも初めてだった。






↓持ち手が持ちやすく、シンプルで好きだった。



14 2017

winter lightのコピー


ちょっとしたことで、

自然は美しいな〜と

感動する事がある。


ミサイルや核実験などで、

これ以上、自然を壊さないでほしい。。



見た目 ★★★★☆
機能性 ★★★★★
掃除のしやすさ ★★★☆
マニアな私の満足度 ★★★★☆


魚焼きグリルに入る、ダッチオーブンのようなもの。
最高においしくできる!

ロッヂやストウブなど、重いと少しおっくうになりがちだが、
これは小さくて扱いやすい。
小さめの鳥もも肉なら2枚入る。

厚切りベーコンとジャガイモ、
おいしいオリーブオイルと塩だけで作ってみた。

もう絶品!

小さいので熱周りが早く、12分ぐらいでできた。
くっつき難いので、お手入れも意外と簡単♪

ただ、金たわしなどでごしごしこすると、黒いコーティングが剥げる。
普通のたわしでも、こすりすぎるとシルバーの色がでてくるので注意。
(錆びやすくなる)

昔は5千円ぐらいで購入できたのに、今は7千円ぐらいになってしまった。
残念。。
もう一度、買い直したいと思う物の1つだったから。






13 2017

roses

000092720001ss.jpg


なんとなく

家の前にある植物で

そこに住んでいる人の性格

分かるかも。




見た目 ★★★★★
機能性 ★★★★☆
掃除のしやすさ ★★★★
マニアな私の満足度 ★★★★☆


2014-04-09-2167.jpg


クリステル鍋は、日本でも愛用者が多いフランスのお鍋。
キャステリンシリーズは、クリステル鍋の上位モデル。
伊勢丹オリジナルとして、セットでしか購入できない。
(かなりお高い。。)


クリステル鍋は、底が3層でサイドは単層だが、
キャステリンは、底が5層でサイドは3層。
内側にメモリもある。
クリステルのガラス蓋も、ドーム型でとても良い。
(縁は掃除しづらいが)

蓄熱性が大変すばらしいので、煮込むのに最適になった!
サイドが単層のクリステルは、長時間煮込む料理には、
ちょっと物足りない所があったので。

持ち手はより頑丈につけられている。
(内側に留め具があるが、上部に付いているのでまったく邪魔にならない)


試しにカレーを作ってみた。
我家はスパイスからカレーを作るのだが、
とくにスパイスなども焦げ付かず、快適に作れた♪

予熱は時間がかかる。(なので☆はマイナス)
(ちなみに、モヴィエルのステンレスの方が予熱は早い。)

一度熱くなると、蛍火でもぐつぐつ煮込める。

火をとめても、ぐつぐつぐつ・・・

普通のクリステルより煮崩れなし!



良いお鍋は、やはりエコだと思う。(最初は高いけど。。)
何年も使えると思えば安いものだ。

我家のガス代が安いのは、こういうお鍋達のお陰。
煮込みは蛍火で、あとは火をとめて予熱調理で十分だから。




見た目 ★★★★★
機能性 ★★★★☆
掃除のしやすさ ★★☆
マニアな私の満足度 ★★★☆


フランスのメーカーとチェリーテラスさんの共同開発のお鍋、ボンポット。
深さ4cmの浅鍋と、深さ7cmの深鍋が合わさったお鍋。

色がとてもおしゃれ♪ さすがフランス。
"フィグ" と "オリーブ" の色を購入した事があるが、どちらもとても素敵な色だった


耐熱ストーンウェア(天然陶土)なので、石焼のような料理が作れる。
(耐冷温度-20℃/耐熱温度 250℃)
無水調理は不可。


↓お米を炊いてみた。 カニ穴も沢山でき、お米がぷちぷち立っていた。

DSC00197.jpg


↓鶏肉などは絶品! 焼いて蒸すと本当においしい。
蒸し焼きをするには最高のお鍋だと思う。

DSC00212.jpg


↓シンプルに、オリーブオイルで焼くだけ! 美味しい塩だけでごちそうに。

DSC00213.jpg


↓ただ、このように水が垂れてくる。

DSC00189.jpg


これで無水調理ができれば、手放さなかったかもしれない。
少し欠けやすかったり、ヒビなども入る事があるようだ。(陶器なので仕方がない)
持ち手は厚くなるので、かならずミトンのようなものが必要。

掃除はちょっと面倒かな








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。